【意外な最適解】マスクが大きいとき、ぴったりサイズにする対処法とは?

「不織布マスクをちょうどいいサイズに調整したい」とお困りの方は多いのではないでしょうか。

ヒモをねじって調整するなどの対処法はありますが、耳が痛くなったり、それでも隙間ができてしまうこともあります。

そこでこの記事では、ぴったりサイズの布マスクで衛生面やコスパ面を最適に使用できる方法を紹介します。

これでもうサイズ調整に悩むことはありません。今まで応急処置をしていた方はぜひご覧ください。



Index

●【意外な最適解】マスクが大きい時の対処法は、マスクを変えること?

●サイズがぴったりになる秘密

実はコスパも優れている?

●感染症対策にもしっかり対応

●耳が痛くならない。肌荒れ対策にも◎



 ●【意外な最適解】マスクが大きい時の対処法は、マスクを変えること?

 

マスクを着けてみたらサイズが合わない…。

という経験は、多くの方にあるのではないでしょうか。

そこで、ホッチキスでプリーツ部分を留めたり、ゴムをねじって耳にかけるなど、サイズを調整する対処法があります。

 
しかし、このような対処法だと、「ホッチキスの芯が肌に当たって痛い」「ゴムの力が強くなって耳が痛くなる」などのデメリットも生じます。

そんなときにおすすめしたいのが、肌にやさしい布マスクです。

しかし、布マスクは感染症対策が不安だったり、値段が高いということで敬遠してる方もいるのではないでしょうか。

実は、布マスクでも繰り返し使える耐久性があれば、不織布マスクよりもコスパよく使えることがあります。

また、感染症対策にはフィット性が大事であるという論文も発表されており、しっかりとした対策をとることが可能なんです。


そこでWe'llでは、耐久性とフィット性に非常に優れたマスクを開発。

肌触りの良さや呼吸の快適さから、多くの方にご好評をいただいております。
また、サイズ展開が豊富なので、サイズトラブルが発生しにくいのも特徴です。

今まで不織布マスクのサイズにお困りだった方、
ホッチキスなどで対処していた方は、
新しく布マスクを選んでみてはいかがでしょうか。

 ●サイズがぴったりになる秘密


We'llのマスクを着用した場合、どうしてサイズトラブルが少なくなるのでしょうか。

その理由は、使用している素材サイズ展開の2つがあります。

We'llは1年以上の歳月をかけ、旭化成との共同開発で特殊な素材を開発。

極細繊維とストレッチ繊維を編み込んだ生地により、抜群のフィット性を実現しました。

 
ストレスなくぴったり肌を覆うので、不織布マスクにありがちな隙間ができにくくなるのが1つ目の理由です。

そしてもう1つは、サイズ展開が豊富で、さまざまな顔サイズをカバーできることにあります。


市販のマスクだと、「ふつう」「大きめ」のサイズしかないという声も寄せられていました。

そこでWe'llでは、XSからLまでの4サイズを開発。

特に、Sサイズでも少し大きいという方に向けたXSサイズでは、超小顔の方から子どもまでフィットできるタイプになっています。


また、自分に合うサイズがわかるサービスを用意しているのも大きな特徴です。

We'llでは世界初となる、マスクのバーチャル試着を開発。

スマホ1つで合うサイズや色がわかるので、「実際に着けてみたら合わなかった」というトラブルを防ぐことができます。


準備はたった30秒。自宅にいながらすぐに試着ができます。
購入する前にぴったりサイズがわかるから、無駄な出費もありません。

 

このようにWe'llのマスクは、

・多くの方に合うサイズ展開
・ストレスなくぴったりフィットする生地

・最適サイズがAIでわかるサービス

を用意しているので、サイズ選びのトラブルを、限りなく少なくすることができるのです。

世界初のバーチャル試着サービス
「Try FIT on!」はこちらから無料でご利用いただけます

 ●実はコスパも優れている?

  
しかし、布マスクの方が機能性は良くても、

「マスクは消耗品だからコストをかけたくない…。」

と思って不織布マスクを選んでいる方もいるのではないでしょうか。

ところが実は、布マスクの方がコストパフォーマンスに優れる場合もあるのです。

 
その秘密は、繰り返し使用できる耐久性にあります。

We'llのマスクは50回もの洗濯が可能。
これは、第三者検査機関のカケンテストセンターによる保証付きの耐久性です。

そのため、一回あたりの着用コストは約27円という経済的な価格に。

一枚あたり70円〜80円になるナショナルブランドの不織布マスクと比較すると、一ヶ月(30回)の着用で1300円以上もコストカットができる計算になっています。


 ●感染症対策にもしっかり対応



コスパ以上に気になるのが感染症対策ですが、布マスクでもしっかりとした対策をすることが可能です。

その理由はマスクのフィット性にあります。

アメリカのCDC(疾病対策センター)は、感染症対策は「マスクをフィットさせることが重要」との論文を発表。

肌にフィットするマスクが感染症対策に効果的であるとの情報を発信しました。


また、二重マスクをされる方も増えていますが、

スーパーコンピューターの富岳でさえも、「二重マスクは飛沫を防ぐ効果に対して大幅に高まることはない」という結論を出しています。

参照:二重マスクに効果はある?「快適に効果を上げる」対策をマスクのプロが解説の記事
https://we-ll-mask.com/blogs/well-magazine/maskdouble


これらのことから感染症対策には、

・どのようなマスクでもフィット性がしっかりしていること
・自分の顔に合ったサイズを選ぶこと

が重要であると考えられます。

不織布を選んでいた方も、ぜひこの機会にぴったりサイズの布マスクを選んでみてはいかがでしょうか。


 ●耳が痛くならない。肌荒れ対策にも◎

 
感染症対策に効果的でコスパにも優れている布マスクは、お肌にもやさしい特徴も兼ね備えています。

フィット性の高い生地は伸縮性も抜群。

そのため、長い時間着けていても耳が痛くなりません。


また、ヒモで耳が引っ張られることがマスク頭痛の原因になることもわかっています。

マスクを着けるようになってから頭痛が多くなった方は、耳に負担がかからないマスクをお試しください。

参照:辛いマスク頭痛を解決!マスク特化型ブランドが対策とケアアイテムを紹介
https://we-ll-mask.com/blogs/well-magazine/maskheadache

加えて、通気性がよくなることで肌荒れ対策の効果も期待できます。

We'll独自のマジックワイヤー入りマスクは、快適空間をつくり出すことで心地よい呼吸を実現。

マスク内のムレを抑制してくれるから、口元まわりのニキビや肌荒れ防止に効果が見込めます。

肌の調子が悪くなるからマスクは着けたくない…。

とお悩みの方は、マジックワイヤー入りのマスクをおすすめします。

快適な呼吸が続くワイヤー入りマスクの詳細はこちらから
https://we-ll-mask.com/collections/swire/products/comfit-mask-swire


この記事では、マスクのサイズが大きいときの対処法をお伝えしました。

不織布マスクをホッチキスで留めるなどの対応もありますが、サイズぴったりの布マスクを選ぶことが衛生的にもコスト的にも優れていると言えます。

また、ヒモの下の部分を耳側に引っ張ることで、さらにダブつきを抑えた着用が可能になります。

ぴったりサイズのマスクを正しく着用して、心地よいマスク生活を。

We'llは「人と社会に心地よく」のコンセプトのもと、これからもより良いマスク生活をご提案していきます。

We'llダイレクトストアはこちらから