【マスクの出来事を総まとめ】1年のマスクニュースを振り返ります

11月11日をもちまして、We'llショップのオープンから1年が経ちました。
これまでご愛顧いただいた皆様には感謝申し上げます。

この1年で世の中は大きく変化し、We’llでも様々な製品や施策を発信してきました。

そこで今回は、マスクに関するこれまでの出来事と、今後のマスクとの向き合い方についてお伝えします。

Index

●【製品について】この1年でマスクはさらに進化しました

【マスクのイベントについて】リアル店舗も実施

【マスクのサービスについて】世界初の技術も展開

これからマスクはどう変化していく?

  

 

【製品について】この1年でマスクはさらに進化しました

2020年11月、We'llのオンラインストアがグランドオープン。

当時は今より品数も限られており、Comfit MASKは、

・シングルタイプ
・ダブルレイヤータイプ
・ダブルレイヤーエコプラスタイプ

の3種類でスタートしました。

 そこに、クリームやマスクケースなどのケアアイテムも加わったラインナップが完成。

「人と社会に心地よく」をコンセプトのもと、ライフスタイルブランドとしてショップ運営が始まりました。


そしてそこから、世間の動きやお客様のニーズに合わせたさらなる商品開発が進みます。

マスクが生活に欠かせないアイテムとして定着すると、

・暑い日でも快適に過ごせるマスク
・運動をしても息がしやすいマスク
・ファッションとしても楽しめるマスク

など、様々なシーンに合わせたマスクが求められるようになりました。


そこでWe'llは、より心地よい生活を提供できるアイテムを開発。

例えば、気温が高くなる時期には「夏をクールにする一枚」のCOOLタイプマスクを新しくリリースしました。

暑さやムレなどのマスクトラブルを解消し、涼しくて呼吸のしやすいマスクを実現。

夏の暑い季節でも、マスクから始まる心地よい生活をお届けできるようになっています。


クールタイプマスクの詳細はこちらから

また、ファッション感覚で身に付けたいという方も多いことから、We'llでは豊富なニュアンスカラーを展開。

現在We'llでは、実に24種類にまでカラーバリエーションが増えています。

義務として着けていたマスクを、オシャレアイテムというポジションに確立させました。


他にも、2021年10月に発売したシングルワイヤーマスクでは、新しい独自の技術であるマジックワイヤーを採用。

快適空間をつくることで息がしやすく、少し運動をするときにも心地よい呼吸ができるようになりました。

少しずつ外出する機会が増えてきてからは、アクティブなシーンに対応できるマスクも人気です。


シングルワイヤーマスクの詳細はこちらから

このように、We'llはマスク生活で生じるニーズを素早くキャッチ。

これまで培ったノウハウと新技術を組み合わせ、常に新しい製品を発信し続けています。

また、マスクだけでなく、マスクにまつわるケアアイテムも開発を進めてきました。


We'llではこれまでに、

・メイク汚れがしっかり落ちるマスク専用洗剤
・除菌とアロマの二重効果があるケアスプレーとスプレー用ケース
・マスクを首からかけられるレザーストラップ

など、ライフスタイルをより快適にできるアイテムをリリース。


ストアをオープンしてからこの1年で、新開発やアップデートを行った製品は10以上にもなりました。

 ●【マスクのイベントについて】リアル店舗も実施

新しいアイテムの開発に伴い、期間限定のPOP UPストアや、イベントの施策も行いました。

期間限定のPOP UPストアはこれまでに、渋谷・名古屋・大阪・新宿で開催。

We’llのマスクやケアアイテムの購入はもちろん、その場で自分だけのマスクがつくれるカスタムオーダーも店内で実施しています。


ショップは1〜2ヶ月の限定開催ですが、2021年7月にオープンした銀座のThe Craftedは、1年間の営業を続けます。

こちらはWe'llの製品はもちろん、そのほか複数のブランドがライフスタイルを豊かにしてくれるアイテムを取り揃えています。

The Craftedの詳細はこちらから


また、POP UPの他に、パーソナルカラーアナリストをお招きしてのイベントも開催。

実際にパーソナルカラーを診断してもらい、We'llのマスクでどれが似合うのか体験できる催しを行いました。


スマホから3分でできるパーソナルカラー診断はこちらから

オンライン上のイベントでは、マスクを取り入れたコーディネートアワードも実施しました。

「よりファッション感覚で、マスク選びを楽しんでいただきたい」という思いからスタート投稿キャンペーン。

ファッションの一部として有効活用されたマスクのコーディネートが集まり、毎日の参考コーデとしても活用いただけます。


コーディネートアワードの結果と投稿例はこちらから

コロナ禍でなかなか外に出れない状況でも、可能な範囲でWe'llマスクを知ってもらえる施策を進めてきました。

このような活動が注目され、各種メディアにも取り上げていただいております。



リリース時の珍しさだけでなく、ブランドの姿勢を発信し続けられた1年となりました。

 ●【マスクのサービスについて】世界初の技術も展開


マスクはただ「感染症対策をするだけ」のアイテムではありません。

心地よさを追求するWe'llは、様々なサービスをお届けしてきました。

 

・3Dカスタムオーダー


店頭で3D測定から行い、約40分で自分だけのマスクが完成する世界初のサービスです。

その人の顔サイズに合ったマスクを提供できるため、マスクを買ってからサイズが合わなかったなどのトラブルがありません。

カスタムオーダーの詳細はこちらから

 

・Try FIT on!


こちらも世界初となる、マスクのバーチャル試着サービスです。(特許出願中)

たった30秒の準備で、家にいながらマスクの試着が可能に。

サイズだけでなく自分に合うカラーもわかり、そのままスマホからマスクの購入もできるサービスです。

マスク特有の「試着ができない」というお悩みが解消できるようになりました。

Try FIT on!の詳細はこちらから


・パーソナルカラー診断


マスクをファッションとしても楽しんでいただくために、パーソナルカラーアナリスト監修のもとセルフ診断を作成しました。

スマホから3分で、すぐに結果がわかります。

「違う色も欲しいけど、どれが似合うかわからない…」という方のお悩みを解決。

マスクだけでなく、普段のコーディネートにも活用できる優れもののサービスです。

スマホからすぐできるパーソナルカラー診断はこちらから


このようなサービスの充実により、ぴったりで気持ちいいマスクや、ファッションとしてのマスクを楽しめるようになりました。

「人と社会に心地よく」のコンセプトからぶれず、快適なマスク生活をお届けできた1年と言えます。


 ●これからマスクはどう変化していく?


製品、イベント、サービスなど、We'llはこれまで様々な側面からマスクのあるライフスタイルを提案してきました。

社会は少しずつ平穏を取り戻してきたように感じますが、今後のマスク生活はどう変わっていくのでしょうか。

私たちは、マスクはこれからもずっと生活の一部であり続けると考えます。

例えば株式会社サイバーエージェントが行った調査では、自粛期間が明けた後も、マスクの着用を続けたいと回答した方が多いことがわかっています。


※引用元:サイバーエージェント次世代生活研究所、withコロナにおける日本人の意識の変化について、全国3,094人を対象に意識調査、第2弾より https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=24994

花粉やインフルエンザ感染予防などの観点からも、マスクの着用は欠かせません。

今後はさらに機能性や快適さを追求し、ライフスタイルに心地よい存在となれるよう活動を続けていきます。

 

そして文末になりましたが、いつもWe'llをご愛顧いただいております皆様に感謝申し上げます。

「着けなくてはいけないから、着けていたくなるマスクへ」
この想いが変わることはこれからもありません。
2年目を迎えるWe'llの活動に、今後もご期待ください。


We'llダイレクトストアはこちらから