マスク専用洗剤「ケアソープ」 発売までの開発ストーリー

「洗濯しても、マスクにメイク汚れが残ってしまう」
「時間をかけて洗濯するのは面倒くさい」

このようなお悩みが寄せられたことをきっかけに、We'llからマスク用洗剤「ケアソープ(ノンアロマ)」をリリースしました。

洗浄力が強く、マスク洗濯のお悩みを解消できる洗剤が遂に完成。
高品質のケアソープを開発するまでに、幾度となく改良を重ねて来ました。

そこでこの記事では、ケアソープが商品化されるまでの経緯や開発ストーリーについてお伝えします。



パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

Index

● マスク洗濯がラクになる 5つの秘密とは?

● お客様の声からはじまった「マスク用洗剤」の開発

●「感動するほど落ちる」驚きの洗浄力を実現

● 特別公開!We'llケアソープを他社洗剤と比較すると?

● 汚れを残さない、洗濯機での洗い方

● 1日1分のマスクケアが安心感につながる


    パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

    マスク洗濯がラクになる5つの秘密とは?

    We’llの「ケアソープ」は、長時間のつけ置き不要で、手洗いはもちろん、洗濯機でもお使いいただけるマスク専用洗剤です。

    ケアソープの特徴はこちらの5つ。

    洗浄力が強く泡切れもいいので、洗濯にかかる手間が少なくなります。

    また、置き場所に困らないこと、利便性が高く肌にも優しいことも、スマートなライフスタイルに嬉しいポイントです。

     

    パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

    お客様の声からはじまった「マスク用洗剤」の開発

    マスク専用洗剤「ケアソープ」を商品化するまでには、着想から約5カ月もの期間を要しました。

    開発が決定した背景には、お客様の声があります。
    マスク販売を始めて数ヶ月経ったあるとき、


    「マスクについたメイク汚れが落ちない」
    「メイク汚れを落とせる方法は無いか」


    などのお問い合わせが寄せられました。

    マスク特化型ブランドとして「どうにか解決できないか?」と考えをめぐらせ、出てきたアイディアがオリジナルのマスク専用洗剤の開発でした。

    従来の洗剤でもマスクの洗濯はもちろん可能です。
    しかし私たちは、より丁寧で手間がかからない製品をご提供したいという想いで、マスク専用洗剤の開発に着手したという背景があります。

     

     

    パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

    「感動するほど落ちる」驚きの洗浄力を実現

    お客様の声をきっかけに開発が始まった「ケアソープ」は、
    「手間をかけず、生地も傷めず、メイク汚れがスッキリと落ちる洗剤」を目指して試行錯誤を行いました。

    そのなかでもこだわったのは「メイク汚れの洗浄力」です。

    油分を含んでいるメイク汚れは、他の汚れに比べて落ちにくい特徴があります。

    しかし、汚れを落とすために洗浄力だけを強くしてしまうと、今度は手肌が荒れたり、除菌効果が薄れるという懸念が出てきてしまいます。

    そこでWe'llのケアソープでは、バランスの取れた配合を実現するために研究を重ねました。

    植物由来の界面活性剤の使用や、除菌効果のある成分を採用するなど何度もテストを実施。
    その結果、抜群の洗浄力を発揮しながら、肌へもやさしい洗剤が完成しました。

     他社製品と比較してもその性能は非常に優れていると言えます。

    洗浄力は、開発スタッフも驚くほどの強さを実現。
    We'llケアソープは、メイク汚れが落ちない・時間がかかる・手が荒れてしまうなど、マスク洗濯のお悩みを解消できる商品となりました。

    この感動を伝えるためにも、「We'llのケアソープが他社と比較してどれくらいの効力を持つのか」「最終的にこれで販売しても良いのか」など、商品化までに検証した過程と結果をご紹介いたします。

     

     

    パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

    特別公開!We'llケアソープを他社洗剤と比較すると?

    ケアソープの洗浄力がどれくらい優れているかを測定するため、今回は他社商品との比較を行いました。

    検証した洗い方は3種類。洗剤は5種類使用したため、成分を変える度に15回に及ぶ洗濯テストを実施しています。

    ファンデーション、ティントリップ、チークなど、マスクに付着しやすいコスメも複数使い、どんなシチュエーションにも対応できる検証を行いました。

    今回実施した洗濯方法は、「つけ置きなし手洗い」「つけ置き手洗い」「洗濯機」の3種類でした。

    その中で、汚れが最もキレイに落ちた「つけ置き手洗い」のケースを例に、検証結果をご紹介します。

    検証の評価基準は以下の5つです

    ① 洗浄力・・・・・・メイクが落ちるかどうか
    ② 泡切れ・・・・・・洗濯が早く終わるかどうか
    ③ 手肌への優しさ・・手指に刺激を感じないか、つっぱりを感じないか
    ④ 香りの強さ・・・・・・・香りがしないかどうか(無香のものを◎とする)
    ⑤ ボトルの利便性・・使いやすいボトルかどうか

    ケアソープと他社製品を比較し、以下のような検証結果を得ることができました。

    ※評価基準について
     各結果の点数は、
     ◎=5.0 ◯=4.0 △=3.0としており、

     総合得点は
     4.5以上=「A」 3.5以上=「B」 2.5以上=「C」としています。

    総合得点はWe'llのケアソープのみがAランクを獲得。

    それでは、各洗剤の特徴と、検証結果の内容についてご紹介していきます。

    2位に大きく差をつけて1位という結果に。

    泡切れ、洗浄力、無香という面で高得点を獲得しました。
    特に、泡切れにかかる時間は30秒だけで済むことから、毎日の時短にも効果的であることがわかります。

    更に無香料なので香りがきつくないこと、
    手肌への刺激が少ないことなども、高い総合得点の要因となりました。
    ※お肌が弱い方は、ゴム手袋をつけていただくと安心です。

    泡切れと無香で高得点を獲得した漂白剤が2位にランクイン。

    泡切れの早さは「ケアソープ」と並ぶほどの高い効果が見られました。

    一方で、手肌の油分まで取れてしまった感覚があった点と、洗浄力があまり強くない点は点数を下げる要因となりました。

    全体的にバランスの取れたクレンジングソープが第3位。

    肌にやさしく、ボトルへの利便性も高いことは、クレンジングソープを使用するメリットになると言えます。

    しかし、肌のためを思って作られているせいか、洗浄力はあまり強くなく、泡切れにもある程度の時間がかかってしまいます。
    香料も添加されていたことから、点数が下がってしまいました。

    固形石鹸は、洗浄力には一定の保証があり、手肌へのやさしさも高評価の材料です。

    しかし、ぬめりが落ちにくかったこともあり、検証した洗剤の中で、泡切れは最も長い時間がかかってしまいました。
    また、香りも強く、鼻に近いマスクには不向きという懸念点も考えられる結果となりました。

     最も点数が低くなってしまったのは衣料用洗剤。

    洗浄力は悪くないものの、濃縮洗剤のため泡立ち過ぎてしまい、つけ置き手洗いでは泡切れに45秒、つけ置きなし手洗いでは70秒かかりました。

    素手で洗うと手肌につっぱりを感じる、ベタつきが残るなど、肌への刺激にも違和感を感じました。
    香り​​も強かったことを加味し、総合得点では5位という評価となりました。



    パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

    汚れを残さない、洗濯機での洗い方

    We'llの「ケアソープ」は洗濯機での洗浄にも対応しています。
    ただし、洗濯洗剤として使用するのではなく、マスクの汚れを落とすという使い方を推奨しています。

    洗剤は1プッシュでOK。
    水を少しつけたマスクをネットに入れて、洗濯機のドライモードで洗濯するだけです。

    洗濯機で検証した際も、他の洗剤に比べて洗浄力が高いことがわかりました。

    ※軽い汚れの場合は1プッシュ。メイク汚れが長い間ついていたり、濃くついてしまった場合は2プッシュがオススメです。

     

     

    パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

    1日1分のケアで、より快適なマスク生活を

    We'llの「ケアソープ」は、マスクにまつわるお悩みを解決できる商品に仕上がりました。

    入浴の合間や、帰宅した直後たった1分でマスクのメイク汚れがすっきりキレイに。
    この手軽さと洗浄力を、多くの人に体感していただきたいと感じています。

    今やマスクは毎日使うアイテムとなりました。
    より清潔なマスクを使い続けるためにも、「マスクのケア」をはじめてみるのはいかがでしょうか。

    マスク用洗剤「ケアソープ」の詳細はこちら